幼少期に辛いことが多かったので、子供にこんな思いをさせたくない、自分の負の部分を断ち切りたいと思い、チャイルドセラピスト講座を受講できたのだと思います

(女性、30代、公務員・育休中)

【チャイルドセラピスト講座 第6回】

1.再度あらためて、あなたの子供時代、お母さんに、お父さんにどんな思いでいましたか?講義を聞く前と後で、どのような気づき、変化がありましたか?

お母さんに対しては、怒らないで、私のこともかまって。どう立ち振舞えば私も可愛がってもらえるのかわからないという思い、
お父さんに対しては、早く帰ってきてほしい、私を助けてほしいという思いでいました。
母は、手のかかる私の行動にたくさんのしこりのボタンを押されてイライラしていたのだと思います。分厚い着ぐるみを着て、私に怒鳴っていたのだと思います。
でも、誕生日にケーキを焼いてくれたり、欲しい物をプレゼントしてくれたり、お金がないなりに私にも尽くしてくれていたのだと今は思えるようになりました。

2.甘えられなかった、大切にされなかった、という気持ちは、勘違いだと実感できますか?まだできていないところがあれば、それはどんな気持ちからそう思いますか?

勘違いだったという実感は少しずつ感じてきていますが、まだ完全ではありません。
妹ばかりかわいがられていた。私は学校から帰ると毎日何かしらで怒鳴られたり、文句を言われていた。冗談だったのだろうけど、橋の下から拾った子だと言われ、ずっと両親の子ではないと信じて、だから自分は違うのだと思っていたなどがあり、まだ、実感しきれていません。

3.お母さんの痛みの身体と本質を分けてみた時、痛みはどんな痛み(インナーチャイルド)だと思いますか?また、本質にはどんな要素がありますか?

痛み→お父さんに頼りたいけど、何日も帰ってこない。ずっと2人のこどもをみるのが大変。近くに親戚や頼れる人がおらず1人ぼっちさみしい。

本質→家庭のために節約したり、子供のために服やお菓子を手作りしたり、公園にいったり。やさしく面倒見がいい。

4.本質のお母さんにイメージで抱きしめられた時、どんな気持ちがしますか?

嬉しい。仲良くしてほしい。笑っててほしい。

5.人から注意された時、すぐ言い返したりせず、否定された!と感じたのを観察し、注意は注意として受け止め、素直に自分の欠点、非を治そうと努力してみてください。それを実践した上での感想を書いてください。

今までこれが夫婦間で揉める原因でした。
特に私が、悪魔的チャイルドで、否定されるのが大キライな人間だからです。
注意されて素直に認めたら、こじれずに済みました。自分の勘違いな受け止め方でまたスイッチを押されることがあるだろうけれど、自分自身が否定されてない、ちゃんと愛されてるから言われているのだと冷静に考えなおして、へんなしがらみなく素直に生きていきたいです。

6.あなたがお母さんからほしいものは何でしたか?それは、別な時に別な形でもらえていませんでしたか?どんな時にどんな形でしたか?思い出してみてください。

話をきいてほしい。否定しないでほしい。
かまってほしい、見捨てないでほしいは、私にばかり怒っていたことからもらえていたのかもしれません。妹からすると、母は私のことばかりで自分は手がかからないから見てもらえていなかったと感じているようです。

7.また、それらは別の人からもらえていませんでしたか?それは誰ですか?思い出すとどんな気持ちですか?

父以外に思いつきません。父はあまり家にいなかったし、こどもの面倒見がいい訳でもなかったので、母は大変だったのだと思います。
けれど、父はありのままの私を受け入れ、決して否定しないひとでした。

8.正直な気持ちを伝えるコミュニケーションを家族に実践してみてどうでしたか?

私は思ったことを我慢できずすぐ口にしてしまって、夫を怒らせることがよくありました。
言うこと、言わないことバランスが大事という言葉に感心しました。
もっと客観的に自分を見つめて、これからの生活ではワークを意識して行動していきたいです。

9.過去のネガティブな出来事を通し、どんなことを学べましたか?どんなメリットがありましたか?あなたの人生にどう貢献してくれましたか?

父母が仲が悪く、気持ちを言い合えないので、私は夫婦仲がいい家庭を気づくために頑張りました。優しい人と結婚できたと思います。
幼少期に辛いことが多かったので、子供にこんな思いをさせたくない、自分の負の部分を断ち切りたいと思い、チャイルドセラピスト講座を受講できたのだと思います。家族を幸せにするために、たくさん吸収して、前向きにいきたいです。

10.全体を通しての感想は?

まだまだ素直でない悪魔的チャイルドな自分と向き合えた気がします。どうやって消していこうか、頑張らないとならないなと思いました。
どうしても感情を抑えることが出来ません。
相手を美化しない、相手も自分のために十分頑張ってくれている。欲張らない。自分が自分を大切に自分主導で生きていきたい。ワークを毎日意識できるように工夫したいです。

このページの先頭へ