なんだか訳がわからないですがどんどん涙があふれてきてしまい、うまく伝わったかどうかわからないですが、自分の気持ちはすっきりしてきて、もっともっとこの手法で話し合いをしたいと思いました

(女性、30代、主婦)

【チャイルドセラピスト講座 第4回】

1.気持ちは何層にもなっている、ということが理解できましたか?
 感想、体験を書いて下さい。

自分のパターン(過去に起きた出来事)にあわせてみてなんとなくですが理解できました。
私の場合で言うと夫婦でどうしても話し合って相互理解したいときに、夫に「そんな風に受け取る私が悪い」と言われた時の私の感情は、

怒り(なぜ私の味方になってくれないの!!)
悲しみ(夫婦って寄り添って生きていくものじゃないの?これから夫婦としてやっていけるのかな?)
淋しさ(私の気持ちを夫でさえ理解してくれない。私にダメだししている。私がダメな人間だからだ)
本当の気持ち(100%自分の味方になってほしかった。もっと私を認めてほしい。よく頑張っている、やっていると夫に評価されたい。お姫様のようにちやほやして欲しい)

こんな感じです。

2.家族と友人と【時間を分け合って気持ちを聞く方法】を実践してみてください。
 その感想を書いてください。

なんだか訳がわからないですが、どんどん涙があふれてきてしまい、うまく伝わったかどうかわからないですが、自分の気持ちはすっきりしてきて、もっともっとこの手法で話し合いをしたいと思いました。
子供に対しては、なかなかできません。うまく言葉がでてこない年齢なので、先回りをして私が言葉を出してピシャッと言ってしまいます。

3.あなたの中にいる、今、認識できる悪魔的インナーチャイルドを具体的にあげてください。
 どのように向き合ったらいいですか?

自分が正しいと思っている子がいます。あとは、被害者意識の子もいます。
依存を断ち切って、自分を見つめ成熟した大人の目で自分を育てていく必要があります。
最後は「人に負けるが勝ち」(これがわたしにとって本当に難しい)までいけるといいなと思っています。

4.妻の妊娠中、浮気をされた、夫と妻のインナーチャイルドについての感想は?
 自分にも思い当たることはありますか?

上の子供は下の子供の誕生に対して、ただ、かまってほしい、愛して欲しい、分かってほしいという気持ちがどうしようもなく湧いた過去があるということになんとなくですが共感できます。

私は末っ子なので、例に当たるパターンはあまり思い当たらないのですが、このような感情は、
多かれ少なかれ誰にでもあるような気がします。

そして、その傷をいやしていかないと、大きくなってから思わぬところにでてくるんですね。
結局人は、大人になっても心の中にはまだ気が付いていないけど、幼い自分(子供のまま)がいて甘えたい、理解して欲しい願望があるんですね。

夫婦とは自分の嫌っている部分を愛せるようになる学校という言葉になるほどという気持ちでいます。

5.子育てのメリハリについて、なぜ100%集中することが大切なのでしょうか?

100%集中すれば心と心が通い合うのでハートに気持ちが届いて子供が分かってもらえたと満足して安心するので大切。
エネルギーは量より質が大切なので、100%集中していないと子供は親の心が自分に向いていないと気がつき、それが固定化してしまい、ゆくゆくはインナーチャイルドのきっかけになってしまうと思います。

6.あなたなりの、家族に対する褒め方は?実践してみてどうでしたか?

夫には普段の感謝の気持ちをありがとう と伝えています。
自分の気持ちが言えているので、なんかここに愛があるんだなって漠然とおもいます。
子供にはなかなか実践できないです。ついつい長女に甘えてしまい、八つ当たりしてしまっています。
冷却した後に、あなたは生まれてきただけで ママを幸せにしている と伝えていますが。

7.あなたなりの、家族に対する「大好き」な気持ちの伝え方は?実践してみてどうでしたか?

子供は素直にうれしそうな表情を見せています。
主人は照れ屋なのか昭和の男なのか、あまり表に出しません。

8.「叱り方、注意のしかた」で気をつけなければいけないことは何ですか?
 
ダメじゃない 何度言ったらわかるの いっつも~じゃない 本当にダメね など
自分がダメで嫌われていると感じてしまうような言葉。
10褒めて1しかるくらいの気持ちが大切。
「あなたがダメで嫌いで、言っているんじゃないよ」と伝えることが大切。

9. 全体を通しての感想をどうぞ。

講座を学んで知識として色々なことが頭の中に入ってきていますが、実践が本当にできません。
難しいです。ついついカッとなり感情を爆発させてしまう自分がいます。
いまは、知っているということは自分の行動の選択肢が増えているということなので、
自分の乗り越える壁としてできるようになっていきたいです。

このページの先頭へ