「チャイルドセラピスト講座受講生レポート第7回」タグの記事一覧

感じようとしてもなかなか感じとれませんが、カチンとくる出来事があると怒りからはじまり→悲しみ→あきらめのフタと感じていると思います。 怒りだったのに悲しみがでてきて涙が溢れてきたりしました

(女性、40代、パート主婦) 【チャイルドセラピスト講座 第7回】 1.理想的な子育てとは? 子供が泣きたいときにうんと泣かせてあげたり、怒りたいときには怒らせてあげる、そんな風に感情の開放をさせてあ・・・

ピエタセラピーを受けた時、実際に泣きかたが変わっていき、本当に「溶けた」という表現がぴったりだと思いました。体も柔らかくなったのが印象的でした

(女性、30代、会社員・育休中) 【チャイルドセラピスト講座 第7回】 1.理想的な子育てとは? 泣いたら泣かせ、怒ったら怒らせる。どんな感情も感じて良いと伝える。 ダメな時はちゃんと伝える。 2.思・・・

自分にとって嫌な事が起きた時、やりたくない事をやっている時、自分の力ではどうしようもない事等に「もう!どうして私が!」という気持ちがまず最初に出てきます、その後こんな私だから仕方ないかと思い、諦めのフタをしています

(女性、30代、パート主婦) 【チャイルドセラピスト講座 第7回】 1.理想的な子育てとは? その子が20歳以上になって「さなぎ」から出て羽ばたく時に、親から精神的にも離れ、自分のやりたい事を見つけて・・・

このページの先頭へ