自分の中に、母への思いがこんなにあるなんてと、講義中ずっと幼い時の事を思い返していました

(女性、30代、会社員・育休中)

【チャイルドセラピスト講座 第6回】

1.再度改めてあなたの子供時代、お父さんお母さんにどんな思いでいましたか?
講義の前と後で、どのように気づき 変化がありましたか?

お母さん
→前は、認めてほしい
→後は、わかって欲しかった、一緒にいて欲しかった、甘えたかった、大好きだった

お父さん
→遊んでほしかった、一緒にご飯食べたかった
(後と前に変化は無かったです。)

2.甘えられなかった、大切にされなかったと思いは勘違いだと、実感できますか?

実感できる。働きながら、出来ることをしてくれていた。

3.お母さんの痛みの身体と本質を分けてみたとき、痛みはどんな痛みだと思いますか?

痛み:私が犠牲になればいい、私が我慢すればよい
本質:親を悲しませたくない、迷惑かけたくない

4.本質のお母さんにイメージで抱き締められた時の感想は?

お母さんも頑張っていたんだね

5.人から注意された時、言い返したりせず、否定されたと感じた自分を観察し、注意は注意として受けとめ、素直に自分の欠点、非を治そうと努力してみてください。

それを実践した感想
→なかなか冷静になれず、すぐ相手の非を探してしまい、難しかった。
自分の非を受け入れて、相手に返すまで時間がかかってしまいました。
でも、相手からも絡まれたりせず、すんなり終わり、自分も嫌な気分では無かったです。

6.あなたがお母さんから欲しいものは何でしたか?それは別なときに別な形もらえていませんでしたか?

いつもご飯は祖母が作ってくれていた。お母さんのご飯が食べたかったし、料理も教えてほしかった。
でも、中学、高校は欠かさずお弁当を作ってくれ、誕生日には好きなものを作ってくれていたのに、今まで忘れていて、母親は料理を作れないとさえ思っていた。
別な形ではないので、少し違うかもしれませんが。

7.また、それは別な人からもらえていませんでしたか?

祖母からもらっていた。母親に執着していたせいか、祖母の古くさいご飯が嫌でワガママを言ったりもした。
料理も教えてもらったのに、必要ないとあまり聞かなかった。

8.正直な気持ちを伝えるコミュニケーションを実践してどうでしたか?

今回はできませんでした。

9.過去のネガティブな出来事から、どんな学びがありましたか?

失敗は隠しても良いことは一つもない。
仕事で失敗し、隠した事があったが、すぐ正直に話したほうが、何倍も早く解決する。
自分の心にも嘘をついていて辛かったし、良いことはない。

10.全体を通して

講義中、ずっともやもや、苦しくて泣きそうでした。
自分の中に、母への思いがこんなにあるなんてと、講義中ずっと幼い時の事を思い返していました。
今もまだ、子供の時の私が慰めきれなくてもやもや、まだ感じる事が出来てないのでしょうか。
そのせいか、息子が、しょっちゅうセラピーモードに入り、正直ぐったり、苦しい2週間でした。

このページの先頭へ